兼近 森会長問題「『偉そうなジジイ降ろしてやったぜ』って感じがして気持ち悪ぃ」と持論(引用 temita)

rui 2021/02/17 告発 コメント

EXIT兼近がAbemaの報道番組の中で森会長辞任問題に触れました。

 兼近は「何よりも今回で気持ち悪ぃなって思うのが、自分が被害の及ばない所から石をひたすらぶつけて『降ろしてやったぞ』と。目的が引き下ろすというか『なんか偉そうなジジイを俺が降ろしてやったぜ』みたいな感じがすごい伝わってくる。ほんとに見失っちゃってんなっていう。ただただ攻撃することが目的になっちゃってる」と感想を述べた。

 さらに「もちろん発言自体は許されるものじゃないかもしれないですけど、『ほんとに全文聞いたのか?』って。全員がすべて聞いたわけじゃないと思うんですよ。誰かが言ってるから『そんなひどいこと言ってんだ』っていう切り取りの文字を読んで、攻撃してる人もたくさんいるなって感じたんで。そういう意味では、そろそろ終わりにしたいなって。どうせ代わってもまたアラ捜しして、みんな攻撃したいんだから」と訴えた。

寄せられたコメント

全文を読んだ上であれば、批判・中立・擁護と反応は様々あって、議論が起こる事は全く問題ないし、むしろ健全でしょう。 今回の件では、まずメディアによって手に入る情報が違うという、「現代の当たり前」が生んでいる不都合を、情報の受け手がモロに受けている感じがします。

兼近さん、いつも冷静なコメント、流石

応援しています

え?全文読んだ方がヤバいって聞いたけど

私が尊敬するいじめ研究の大家の研究者が『正義を振りかざして責めるやり方が、学校現場でも社会でも最も多いいじめの形ですよ。』って強く言ってたのを最近よく思い出します。

コメント
好きかも