熊やサメに襲われて生き延びるには!?野生動物に襲われても助かるための8つのポイント

yue 2021/03/07 告発 コメント

野生動物に襲われたら?もし登山中に熊に襲われたり、遊泳中にサメに襲われた場合、生き延びるためにはどうしたらいいのでしょうか。。

そこで今回は、野生動物に襲われても助かるための8つのポイントを紹介します。

1.ライオン

普段は野生のライオンに遭遇するなんてまずあり得ませんが、もしも遭遇してしまったら絶対に目を逸らさないことです。

そして焦って逃げてしまうと獲物だと認識されてしまうので、気づかないふりをして比較的ゆったりとした動作で屋内に逃げ込みましょう。

2.トラ

ライオンと同様、トラもあまり遭遇する機会はないはずですが、もし遭遇した時は絶対に背を向けないことです。

トラが多い地域では、後頭部にお面をつけて常にトラに視線を向けているように見せることが大切なのだとか。

3.ワニ

ワニに襲われないためには、まず濁った水面には近づかないようにします。

もし陸地でワニと遭遇したらジグザグに走って逃げ、泳いでいるときに遭遇してしまったら、バシャバシャと音を立てずに静かに泳いで逃げましょう。

ちなみにワニの急所は、目や喉などの敏感な部分です。

4.クラゲ

夏に海で泳いでいると、突然激痛が走ってクラゲに刺されていたということもありますよね。

もしクラゲに刺されたら、すぐに患部を塩水で洗って体にクラゲの組織が残っている場合はピンセットなどで取り除きましょう。

抗ヒスタミン系の軟膏があればそれを塗るのも良いですが、病院を受診した方が良さそうです。

5.ヘビ

もし蛇と遭遇したら足をドスンドスンと鳴らしましょう。蛇に噛まれた人たちは80%が蛇を捕まえようとした人たちだといわれています。

それでももし噛まれてしまったら、流水で傷口を洗って止血帯を施して救急車を呼んでください。

6.熊

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント