猫の言葉や感情を理解する!猫の気持ちを読み取る方法とは?

yue 2021/03/08 告発 コメント

猫にだって、感情があります人間と共に、生活をするペットの中で、犬と共に、猫の割合は、とても多いです。

日本全国に、ネコ好きの方が沢山いらっしゃいます。一緒に暮らすと、お分かりの方もいらっしゃる様に、猫の気持ち、感情を理解することは可能です。

出典: 

感情を読み取る方法について、お届けします。

その1、子猫がしっぽを上に立てて母猫に近づく

子猫が尻尾を上に立てて、母猫にすり寄っていくときがあります。この時の子猫の気持ちを説明します。

親愛(しんあい)の情を抱いているときの表現です。子猫の頃、母猫がお尻を拭いてくれていました。 その時尻尾を上げていました。

大きくなってから、相手に甘えたくなると、子猫のときの行動パターンとして、無意識に尻尾が上がってしまうんです。

出典: 

その2、甘噛みも、猫の気持ち表現

甘噛みする行動は、その感情は一様ではありません。母猫の事を思い出したり、また、あるに時は「獲物!」と、好奇心から。一口に「甘噛み」と、一つの感情に、纏める事はできません。

その3、一緒に寝てくれる猫ちゃんの心理は?

母猫のぬくもりを思い出しているのかもしれません。寂しさの表れ。また、ある時はただ寒いだけかも知れません。

ゴロゴロと鳴き声をしながら、添い寝をしていれば、あなた(飼い主)のことを、かなり信頼している証です。

その4、二匹の猫が、鼻と鼻を近づけて匂いをかいでいる時。

鼻と鼻を近づけるという猫の行為。人間にしてみれば「やあ」とか軽い感じの挨拶と言えそうです。

オス猫もメス猫も、性別に関係なく行うことが判明しています。互いに敵対心を持っていない事の表現として行っています。

この猫の言葉・感情を、まとめている動画がありました。どうぞ、ご覧になって下さい。

ネットの反応

・猫は、犬よりも気むずかしいからね。・小さい頃、猫に引っかかれた経験上、猫に興味ない。・犬と猫って、大きく違うんだよね。・猫はワガママで、思い通りに行動するところが、堪らない!

人間の共として、ペットとして、犬と猫は双璧を為しています。猫の行動から、気持ちを読み取る方法をご紹介しました。ご参考にお願いします。

出典:, 

コメント