引っ越しの退去費用で17万の請求…ある言葉を伝えた結果、追加費用ゼロ&敷金も全額戻って来た…

Hisasi 2021/03/04 告発 コメント

引っ越しの退去費用で17万の請求

退去するだけで17万円が一気に吹き飛ぶなんて考えただけで恐ろしいですね。

しかし、この投稿者が不動産屋に「ある言葉」を伝えた結果…追加費用ゼロ&敷金も全額戻って来たそうなんです。

その気になる言葉がこちら。

この「賃貸住宅原状回復ガイドライン」とは何かとトラブルの起こりやすい賃貸の退去時の費用について、原状回復の基準を国土交通省が定めたものです。

簡単に言えば、原状回復の大家と借主の負担を国が線引きした内容。でもいきなり17万円の請求とは驚きですよね。

高額の退去費用を今まで請求されたことはないが、もしかしたら今後の引っ越しでそういったケースも出てくるかもしれません。

そこで今回は元不動産屋のAさんに実際にこの言葉を使えば退去費用の請求が撃破できるのか?を聞いてみました。

元不動産屋のアドバイス

明らかな過失はないのに引っ越し時に不動産屋が退去費用を過剰に請求するケースは不動産業界では頻繁にあることなのか?

そういうものなんですね。

では契約段階でクリーニング代を支払わないと変更してもらうことも可能なんですか?

ちなみにAさんが以前担当したもので、クリーニング代が敷金を超えたケースはありましたか?

退去費用の過剰な請求は賃貸で暮らす者にとっては他人事ではありません。

引っ越し時に我が身に起こることかもしれないのでこの機会に一度、国土交通省の『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』をチェックしておくと良いかもしれません。

コメント
好きかも