エラーコインの種類と価値…280万円の価値がある硬貨が話題に(引用元:kwsklife)

Teng 2021/04/07 告発 コメント

1.ギザ10

冒頭に記した硬貨の淵がギザギザになっているギザ10の中で1番価値があるのは昭和33年製造のものです。

それでもわずか100円ほどにしかなりません。

2.穴ずれ

穴ずれは昭和40年以降の機械の発達によって非常に少なくて価値が高いエラーコインです。

最低でも穴の外枠を超えていないと価値がつきにくく、ずれが大きいほど高額になります。

Yahooオークションでは過去に58万円で取引されていました。50円が58万円なんて驚愕します。

マニアにはたまらない逸品なのですね。あなたの財布の中には、入っていませんか?

3.ヘゲエラー

ヘゲエラーは硬貨の一部がめくれているもので稀に金属の塊がコインにつく場合もあります。

例えばこのヘゲエラーコインの場合はわずか2000円です。

穴ずれコインの金額を知った後では安いように感じますよね。それでも40倍の価値があります。

他のエラーコインに比べて見た目が綺麗じゃないのであまり値段が上がらないのだそうです。

4.穴なし

引用元:https://kwsklife.com/errorcoin-value/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも