【超豪華なメンバーだった】ウォーターボーイズに出演していたイケメンたちの末路…

cyl 2号 2021/03/10 告発 コメント

ウォーターボーイズとは

ウォーターボーイズは シンクロナイズドスイミングに打ち込む男子高校生たちのみずみずしい 青春を描いた学園ドラマです。

埼玉県にある実際の高校をモデルとして映画化されたのが2001年。その後、連続ドラマとして2作品、さらに2夜連続スペシャルドラマとして1作品がテレビ放送され、絶大な人気を博しました。

中でもファンが多い連続ドラマ第1弾が放送されたのは2003年なのですでに10年以上経っていることになります。

ウォーターボーイズに出演していたイケメンたちの末路

進藤勘九郎/山田孝之

主人公であるシンクロ同好会のリーダー 進藤勘九郎を演じていた山田孝之

ドラマでは内気でおとなしい少年という役どころでしたが、その後、まったく異なるイメージの役をこなす幅広い役者へと変貌を遂げています。

2007年の映画『クローズ』では屈強な肉体を持つ不良役。2009年の映画『MW-ムウ-』では犯罪にも関与する神父役。2008年にスタートして2016年にも第3弾が放送予定の主演ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズではマントを身にまとった勇者役。

さらに2015年の主演ドラマ『REPLAY & DESTROY』では髭面のフリーターを演じ「面白いおじさん役が似合う俳優」として注目されました。

プライベートでは2005年に未婚のまま一子をもうけ、2012年には別の女性と結婚。

2013年には妻が出産した男児のパパとなっています。

立松憲男/森山未來

明るいムードメーカー・立松憲男を演じていたのが森山未來

ダンサーでもある彼は、その後も数々のヒット映画に主演するなどして活躍しています。

2004年の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』では主人公を演じ、数々の映画賞を受賞。

2010年には人気連続ドラマ『モテキ』に主演し、翌2011年に再び主演した映画版『モテキ』も興行収入22億円の大ヒットとなりました。

2013年には芥川賞受賞作を原作とした映画『苦役列車』に主演し、こちらでも映画賞を受賞しています。

プライベートでは2010年に結婚して一子をもうけましたが、その後離婚し、2016年現在は独身とのことです。

田中昌俊/瑛太

頭が切れる生徒会長・田中昌俊を演じていたのが瑛太

その後もドラマ、映画に定期的に出演しており、その顔を見ない年はありません。

ドラマでは2014年に『若者たち2014』に出演。このドラマでは、映画版『ウォーターボーイズ』の主人公・妻夫木聡と兄弟役を演じ、ファンの間で話題になりました。

映画では2016年に話題作『64 -ロクヨン』や『殿、利息でござる!』に出演し、その存在感をアピールしています。

プライベートでは2010年に歌手の木村カエラと結婚し長男を、2013年には長女を授かっています。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント