マクドナルドで32年間働いたダウン症の女性、退職を伝えると信じられない事態(引用元:kwsklife)

cyl 2021/03/17 告発 コメント

マクドナルドで32年間働いたダウン症の女性

1984年から32年間もマクドナルドでフライドポテトの調理を担当していた、 フレイア・デイヴィットさんという女性がいました。

彼女は現在52歳でダウン症の女性だったのです。

フレイアさんがマクドナルドで働き始めた頃は 彼女がうまく仕事をこなせるのかと母親は心配をしていました。

しかし、フレイアさんはこの仕事が大好きになります。

そして、母親の心配とは裏腹にフレイアさんの仕事への姿勢は 多くのお客さんから評価されていました。

しかし、2016年に入ってから フレイアさんは物忘れが酷くなってきました。

そして母親はフレイアさんに「もう仕事を辞める時だ」と話します。

退職を伝えると信じられない事態が

マクドナルドでの仕事はフレイアさんにとって生き甲斐の1つでした。

フレイアさんは、現実をなかなか受け入れられなかったといいます。 しかし、母親の説得を受けてフレイアさんは マクドナルドに退職を申し出ました。

そんなフレイアさんの長年の頑張りを称え、 また感謝のしるしとしてマクドナルドに勤める同僚たちが 退職パーティーを開催してくれました。

常連客など数人を招待して アットホームに開催される予定だったのですが フレイアさんの友人や親戚、さらには近隣の住民、同僚、 そしてたくさんのお客さんたちが駆け付けてくれたので 100人近くの人が集まる大規模パーティーになっていました。

フレイアさんには大きなケーキとフライドポテトの形をした ペンダントがプレゼントされました。

彼女が仕事に向き合う姿勢や仕事が大好きだという気持ちを知っている フレイアさんのファンがたくさん集まってくたのでしょう。

フレイアさんは、マクドナルドのハンバーガとポテト、 そしてサンデーが大好きです。

そんなフレイアさんにマクドナルドから、 今後一生涯無料でマクドナルドの食事を提供することが約束されました。

それだけマクドナルドにとって 功績を挙げた人物だったという事なのでしょう。

こうやってダウン症の方が笑顔で楽しく働ける環境があるというのは とても素敵な事ですね。

コメント
好きかも