奨学金破産をするとどうなるのか!?ガチで怖すぎだと話題に…

HisashiM 2021/03/03 告発 コメント

奨学金破産をするとどうなるのか!?

いろんな条件はありますが、奨学金を受けられたら学費を気にせずに勉強できますよね。

しかし、社会人になってこの奨学金の返済で破産している方もいます。

そこで今回は奨学金破産をするとどうなるのかを紹介します。

大学でかかる費用

高校3年生のS君は大学進学を考えていましたが、受けたい大学の学費はなんと年間87万円。

入学金も合わせると4年間で360万円。

そこでS君が考えたのは奨学金制度の利用でした。

奨学金制度を受ける7割の人が有利子で3割の人は無利子。S君が借りたのもこの有利子の奨学金でした。

連帯保証人になったのは親ですが、先生からは「必ず自分で返すように」と念をおされました。

借金の返済

奨学金といえば聞こえはいいですが、奨学金を借りるということは借金を背負うということです。

大学に合格して無事に社会人になったS君は16年間かけて360万円の借金を返済する生活へ。

奨学金を借りる時には月に30万円稼げば、あっという間に返済できると考えていたS君。

しかし、現実はとても厳しい状況で生活費を考えるとカツカツの生活でした。

少ない給料の中でやりくりをしながら奨学金を返済していたS君でしたが、ある日、同僚の飲みの誘いを断れずに初めて返済を滞納してしまいました。

ちなみにS君のように滞納する人は33万人もいるといわれています。

督促の電話

わずか1回の延滞ですぐに督促の電話が。

現在の給料では足りずに副業で深夜にコンビニで働き始めますが、5ヶ月後には体調を崩して会社も辞めてしまいました。

そして奨学金の返済も3ヶ月滞納。

そうなると奨学金の返済を滞納するとクレジットカードが停止されます。

仕事も辞めてしまい、バイトをしてもどうにか生活費を捻出するので精一杯な生活。

その間にも色々な色の手紙がS君の元に送られてきていましたが、全て無視。

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも