美人コンテスト中に橋が落下。出場者全員が池に落ち、とんだ濡れTコンテストに(タイ)

cyl 2021/03/21 告発 コメント

タイで人気の美人コンテスト中にとんだアクシデントが発生した。30人の美人候補者が、施設の吊り橋を渡りながら笑顔でポーズを取っていた最中に、橋のロープが切れ全員が池に転落したのだ。

 3人が軽傷を負ったが大怪我をした者はおらず、残りの27人は引き続きコンテストを行った。これもある種の演出みたいなものと考えれば納得もいくのかもしれないし、そうでもないのかもしれない。『Daily Mail』などが伝えている。

「ミス・タイ」コンテスト中にアクシデント発生

 12月7日、タイのチェンマイで「ミス・タイ」を競う美人コンテストが開催されていた。

 この日はコンテスト2日目で、候補者の30人の女性たちは訪れていたカフェで撮影を行っていた。

 時期が時期ということで、麦わら帽子にTシャツといった軽快な服装の候補者30人は、全員がフェイスシールドを装着してイベントに参加。施設内にある吊り橋を渡りながら、笑顔で手を振り、ポーズを決めていた。

image credit: youtube

 ところが、鋼製の通路に接続された橋のロープが突然切れるというアクシデントが発生した。橋の上にいた女性たちは、真下の池に転落し、ずぶ濡れになるというハプニングに見舞われた。

image credit: youtube

 この転落事故で、候補者1人が額に切り傷や打撲を負った他、2名が擦り傷などの軽傷を負った。幸いにも大きな事故には至らなかったようで、濡れた女性たちはスタッフに池から引き上げられると、極上の笑みを見せていた。

image credit: youtube

 負傷した3人においては、すぐに病院に搬送され治療が施されたが、間もなく退院した。

カフェのオーナー、治療費やクリーニング代を寄付

 27人の候補者らは、池から上がった後もコンテストを続けた。負傷してコンテストを中断された形になった3人は、翌日再び参加したそうだ。

 カフェの経営者(43歳)は、このように話していたという。

なぜ、橋が壊れたのかはわかりません。丈夫にできていたはずですが、30人の女性の重さには耐えられなかったのでしょう。 今後は、橋をより強化するよう改善を加えます。

 経営者は、負傷した3人のコンテスト候補者への治療費と、全員の服のクリーニング代を含めて50万バーツ(約173万円)の寄付をしたそうだ。

 「ミス・タイ2020」のディレクターは、「アクシデントは全く予期しなかった出来事だ」と述べているという。

 通常、コンテストは首都バンコクで開催されるが、今年は安全とセキュリティのためチェンマイに場所を移動して行っていたようだ。

 タイの美人コンテストは、同国では活況を呈した人気の産業であり、年間通して各地域および全国的に開催されている。

 優勝者には、日本円にして1千万相当の現金と賞金、更には人気モデル事務所と有名スポンサー契約を獲得できるということだ。

引用元:https://karapaia.com/archives/52297340.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも