市橋達也受刑者が獄中から恩師に手紙を送る…その内容に衝撃を受ける…

よう 2021/06/28 告発 コメント

市橋達也受刑者が起こした衝撃的な事件

その当時、同じマンションの住人だった人物はこう語ります。

2007年に千葉県市川市のマンションで市橋達也受刑者が英会話学校の英国人講師リンゼイ・アン・ホーカーさんを殺害するという事件が起きました。

行方不明になっていたリンゼイさんを捜索していた警察官が、市橋達也の自宅を訪れると、そのまま警察官を振り切って逃走し、2年7か月も逃亡生活を続け、整形までして逮捕されました。

印象がとても悪かったのでマスコミは市橋達也をバッシングしていました。

ただ、市橋達也の大学時代の空手同好会顧問をしていた本山直樹・名誉教授はこういった状況で逮捕されたとしても、正当な裁判を受けさせることができないのでは?と案じていました。

そして本山教授は「市橋達也君の適正な裁判を支援する会」を発足したのです。資金を募り国選弁護人ではなく、私選弁護人をつけるために奮闘していたのです。

市橋の両親は岐阜で暮らしており、両親ともに医師というエリート家系だそうです。市橋本人も医師を志したのですが、結果的には断念をしています。そして4浪して千葉大学園芸学部へ入学をしました。

市橋は、独学で約2年かけて英語を勉強しました。そんな市橋が暮らしていた3DKの自宅マンションは親が所有するものだったので家賃はタダでした。

そして、月々15万円という仕送りを貰っており、アルバイトはしていないので、楽をして生きてきたのです。

しかし、そんな生活をしていた市橋は試験に合格をしないという状態に陥り、事件直前に父親からの仕送りがストップすると通告されていました。

市橋達也が逮捕されてから、本山教授が拘置所へ面会に行ったことがありました。

恩師に送った手紙の内容

裁判では殺意の有無が争点になり、11年7月に、千葉地裁は殺意があったとして無期懲役を言い渡しています。12年4月、東京高裁は控訴を棄却しました。

本山教授は何ともやるせない表情を浮かべていました。

ちなみに市橋の両親は事件後に医師を辞めることになり、結婚していた姉も離縁されたそうです。

これは市橋だけが悪かったのか?仕送りをし続け、マンションに住まわせ、市橋に間違った支援をし続けていた両親にも問題があるように思えてなりません。

引用元:https://kwsklife.com/ichihashi-letter/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも