前田敦子の“冷たい態度”にキンタロー。号泣! ドッキリ企画に批判殺到

Teng 2021/04/07 告発 コメント

3月30日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)が、女性芸人・キンタロー。にドッキリを敢行。しかし、その内容が「イジメのようだ」と、ファンを激怒させてしまった。

キンタロー。最大の持ちネタといえば、元『AKB48』前田敦子のものまね。ブレーク当初は「AKB」の絶頂期だったため、初のネタ見せではファンから殺害予告が寄せられるなど、賛否が巻き起こった。以降は世間でも受け入れられるようになったが、意外にも前田とキンタロー。が対面を果たしたことはナイのだとか。今回、番組はそんな2人の初共演を実現させることになった。

前田は共演NGを出したことはなく、ただ共演する機会がなかっただけだとコメント。しかし、キンタロー。側や業界関係者はNGだと思っていたようで、この忖度が今日までいたった要因だという。妙な緊張感の中、スタジオの前田の元に、キンタロー。はブレイクのきっかけとなった『フライングゲット』のものまねをしながら登場。念願の初対面を果たしたが、これを見た前田は「聞いてないですよ!」などと不快感をあらわにし始めた。

大泣きするキンタロー。を笑い者にして猛批判

スタジオには一気に静寂が訪れ、共演者のヒロミも険しい顔をし、キンタロー。は気まずそうな顔で涙目に。「収録を止めましょう」という声があがるなど、ひたすらに危険な空気が走っていく。今にも爆発しそうな中、前田は「ドッキリ大成功」のフリップで登場。すると、緊張が解けたキンタロー。は、立ち尽くしたまま大号泣してしまった。

ドッキリとしては大成功となった企画だが、「共演NGなのでは」という不安の中で勇気を振り絞ったにもかかわらず、大泣きするキンタロー。をイジる光景は物議を醸すことに。ネット上には

など、猛批判があがっていた。

これだけクレームがくると、もはやテレビ番組でドッキリはできないかもしれない。

引用元:https://myjitsu.jp/archives/271611,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント